人気ブログランキング |

グランデ・プント

セレスピード用ポンプの交換を終え147が帰ってきた。
当然のことだがエンジン始動時のドキドキがないのはイイ。(・∀・)

今回の症状は持病の「勝手にニュートラル病」とは明らかに異なるが、セレスピード周りの部品交換なので効果を期待してる。
ブログには書かなかったが「勝手にニュートラル病」の対応として5月にセレスピード用のアクチュエータを交換したが効果がなかったのだ。
今回の処置で関連する部品は一通り交換したことになるらしい。コレで再発したらセレ自体を交換するしかないのだろうか?う~ん、交換してくれるのだろうか…。(;´д`)


さて代車のプントだが147が入院してた1週間で結構な距離を走った。
意図して走る気はなかったが仕事の都合で豊橋や岡崎まででかけたりしていたのだ。
おかげでオドメータが550km→980kmと伸びた。現時点までの総走行距離の半分をワタシが乗ったような物だ。(緊急入院だったので代車専用車がなく、試乗車を貸してくれたのだ。試乗車なので当然ながら新車。ラッキー。)


せっかくなので、プントの感想を書いてみる。




5ナンバーとは言え特にコンパクトな気はしない。逆に大きすぎることもなく、ワタシとしてはちょうど良いサイズ。
ドライバーズシートに限って言えば、水平基調のダッシュボードと寝かせ気味で遠いフロントウィンドウのせいで広々感がある。もっとも左足の置き場が狭い(奥行きがないのかフットレストが手前過ぎる)ことや右足でブレーキを踏むと体を少し左にひねる体勢になることから絶対的には狭いのだと思う。あとシートが小振りなのは足の短いワタシとしてはありがたい。(´∀`*)
座面の幅がたっぷりあるのは歓迎するが、奥行きがあると深く腰掛けたときに膝が曲げられなくなるのだ。

走らせた感じはしっかり感があり、かつキビキビしてる。1tは超えてるけど軽い車重にドスンと閉まるドアに象徴されるボディ、低扁平(175/65R15)のタイヤということで、乗り心地がいい。
もっとも1.4Lだけあって2000回転、できれば3000回転は回さないと辛いので、発進と登坂時はアクセルを大きく踏み込むとか、シフトダウンしないといけない。慣れの部分はあるがデュアロジックをマニュアルシフトして走らせれば済むのだが、ガソリン代が高沸してるし貧乏性なので精神的にきつい。(後半は1.4Lなので多少回しても2.0Lの147程度と割り切って回し気味にしたので割と気にならなくなった。)

ディアロジック自体のできはいい。147のセレスピードも改良されて良くなったと聞くが、それと同じ世代なのだろう。車重やパワーとの兼ね合いがあるので147と単純比較できないが、発進時や極低速時(裏道のストップ&ゴー)のクラッチ制御もなめらかだし、シフト時のショック&失速も減ってる。AUTOモードでマニュアルシフトしてもAUTOを継続するし。
ちなみにAUTO/マニュアルの切り替えはディアロジックのようにフロアレバーを左右に倒す方式が使いやすい。147のようなボタン式でも操作しやすい位置なら救われるのだが。


いくつか気になる点がある。

少なくともスイッチ類などの立て付けがチープ。あと、ウィンカーの点滅音が電子音なのだが「ペッコ、ペッコ、…」と情けない。普通にリレーの「カッチ、カッチ、…」で良いのだが。それとウィンカーの戻りが異常に悪い。交差点の右左折終えて、ほぼ直進にならないと戻らない。そのうえ、戻るときに一瞬だが反対側が点灯。細かいことなんだけどね。(;^ω^)

ディアロジック周りではパドルシフトがないのが辛い。マニュアルモードで運転する場合、マメにシフトする必要があるので、フロアレバーのみだと左手をステアリングに添える暇がなくなるのだ。あ、通常のMT車と考えれば当たり前か。

一番気になったのは高速走行時のハンドリング。たぶん80Kmくらいを境にハンドリングが変わる。ニュートラルでの遊びが多くなると言うか、レーン内で進路を修正するような微妙な操作をした際にボディが1テンポ遅れて動くため、ゆらゆらとした動きになるのだ。欧州での150kmクルーズを狙って意図的にルーズにしているのか、電動パワステや低扁平タイヤの影響なのかはわからないけど好きになれない。
ちなみにハンドリングを別にすれば東名の追い越し車線を「よくある速度」や「ちょっと気合い入れた速度」でクルージングしても問題なし。(車重が軽いのでトラックの横を抜けるときの風圧や横風にる影響は大きい)
エンジン音や風切り音も少なく、147より静かなくらい。まあ147は意図的にエンジン音を聴かせ!?てるのだが。


たぶんコンセプトやターゲット通りなのだろうが、スポーツ性を求めず街中主体でたまに長距離という使い方向きの車だと思う。
単純な品質面とかのコストパフォーマンスで考えれば日本車に劣るけど、車好きなら満足できるんじゃないかな。

しかし、「欧州車のコンパクトカーはベーシックグレードが一番」と言うのを耳にしたことがあるが、まさに実感した気がする。
Commented by コンドウ at 2007-08-07 23:49 x
おりしも本日運転する機会がありました。
『ディアロジックってどんなの?』といった一言によるものなのですが、
雑誌の誌面で読んでいた感想よりも好印象でした。
やはり1.4Lは回してナンボな感じですね。 タイヤの扁平が違うような気がします(55か60だと思う)かなり絞まった足でしたので・・・
高速走行のイメージは参考になりました。
Commented by maoh147 at 2007-08-09 20:48 x
2ペダルMTも侮れませんよね?
もっともコンドウさんは硬派なMT派でしょうが。^^

デュアロジック、5ドアモデルはグレードに関係なく同一サイズのようですからタイヤの扁平率が違うのはオプション???なぞですね。

感想に書き漏らしましたが、147よりロールが少なくシャキッとした感じでした。単に新車だから?ボディが軽いから?かもしれませんが。
by maoh147 | 2007-08-05 21:31 | アルファ147 | Comments(2)