人気ブログランキング |

ライトチューン

PCをリニューアルしてから約1ヶ月。性能は問題ないのだがやはり"音"が気になる。どうやらCPUファンが騒音源のようだ。そういえばケース、グラボ、HDD、電源は静音対策を練ったがCPUファンは手つかずだった。

よし、静音&高性能CPUクーラー導入だ!
と言うことでサイズの『MINE cooler Rev.B』を購入。

「MINE=峰」の名に恥じず!?、で、でかい…。




f0008005_19573084.jpg

左がリテールのクーラーで右が峰なのだが体積で4倍くらいある。
この画像ではわかりにくいのでもう一枚。
f0008005_200066.jpg

同様に左がリテール、右が峰なのだが注目は底面のCPUとの接合面。オレンジ=銅の部分がCPUのサイズ(上面)なので、いかにデカイかわかる。


せっかく高性能CPUクーラーを導入したので、冷え具合をみるべく「スーパーπ」でCPU負荷をかけてCPU温度を計測してみた。

結果は以下の通り。

 CPU温度(マザボ付属ツール) … 43℃ → 38℃
 コア温度(Core Temp Beta 0.94) … 28℃ → 23℃

室温が14~15℃と低いこともあるのだろうがさすがに冷える。
血を出しながら取り付けたかいがあると言うものだ。(マザボをケースに入れたまま取り付けて手を切ったという情報もあったのでマザボを取り外して作業したのにやっぱり流血した。^^;)


さらに調子に乗ってOCして発熱の違いをみた。

約10%アップの2.1GHzで+2℃程度。
約20%アップの2.3GHzで+7℃程度。

10%程度のOCならリテールクーラーのOCなし程度だし常用する事にした。


あ、肝心の静音だが電源ファンの音が目立つようになった。orz
いつかファンレス電源+水冷クーラーにしてやる(笑)
Commented by TYPE at 2007-03-16 07:22 x
しかし、入るところが羨ましい家だと絶対無理ですな、、
50%upだとどれくらい温度あがるのかなぁ、、、(バ゜ー゜☆
by maoh147 | 2007-03-14 20:40 | PCライフ | Comments(1)