人気ブログランキング |

ガンプラ~MG RX-78-2ガンダム Ver3.0 メカニカルクリア①~

f0008005_13272.jpgガンダム展でGETしたメカニカルクリアのMGガンダムの制作を開始。

組み立て説明書に沿ってまずはコアファイター。
くーつ、期待通り、かっけー。(^ω^)

内部フレームはないのでALLクリアなのだが、ディティールアップてことで部分的にメタリック塗装した。
Mr.カラーのスーパーメタリックの筆塗りだが、いーじゃん、いーじゃん。(自画自賛)
特に左右のエアダクトをガンダム胸部の排気ダクトをイメージした金色にしたけど、アクセントになってgood。

クリアカラーなのでスミイレなしだし、MGサイズで見やすいからサクサク作れる予定だったが、意外な落とし穴が!
塗装をすることもそうだが、そもそもクリアカラーだと細部が見えない!!orz
極論すれば透明なんだから、当然と言えば当然だけど…。







f0008005_132580.jpgMGサイズ、Ver3.0てことで作りは細かいな。(コアファイターはVer2.0から変更なしらしいけど)

まずはキャノピー。
開閉は当然だが、開閉機構が単純なハッチ後端の1点ヒンジではなく、Iアームを介した2点式になってる。
このおかげでデザインを損なわずノーズ部の収納とキャノピーの開閉が両立してるのだ。

f0008005_1315994.jpg次は機体上面の格納式ミサイルポッド。
そんな武装あったっけ(;^ω^)と思いつつ、そこまでやるか!と関心。
ポッドのファインシルバー塗装はいまいちかな~。

f0008005_1315741.jpgコアブロック形態への完全変形は当然。(さすがに車輪は着脱式だけど)
ただ、MGサイズらしく芸が細かいぞ。

①コアファイター形態。
②主翼を1段収納。
③主翼を格納。
④ノーズを収納。
⑤ノーズを回転して格納。このとき垂直尾翼も連動(!)して格納。
⑥コアブロック形態完成。

f0008005_1315498.jpg芸が細かいと言ったのはコクピット。
シートが回転するようになってて、コアブロック形態になったときちゃんと正面を向けるのだ!

クリアカラーならではの手強さはあるけど、ガンダム本体のでき映えが楽しみだナ。
暑さでやる気がでるか心配だけど、気合い入れて本体作るぜ。
(エアコンはNG。塗料に有機溶剤が使われてて、換気しないとラリってしまうw。)





by maoh147 | 2015-08-22 13:56 | 雑記 | Comments(0)