人気ブログランキング |

SW X-WING制作 その2

f0008005_13124776.jpgX-WING付属のR2-D2を組み立てた。
組み立てと言っても、左右のアーム、ボディの前面、背面、頭部の4点なので、これは楽勝!
手強いのは塗装というかデカール貼り。

奥のホワイトボディにデカールとスミイレ(汚しに近いけど)をしたのが手前。
苦労しただけの出来映えだ。







f0008005_13124217.jpgマクロ撮影でスケールというか小ささがわかりにくいので、比較用の1円玉と撮してみた。

このサイズにデカール9枚はやりすぎでしょ!(^ω^)
ちなみに、頭頂部、モノカメラ、頭部の周囲、ボディ前面、ボディ背面、左右の脚部、脚部の下部側面。

マークフィッターの成果なのか、元々のデカールが薄い?のか、完全密着したら凹凸にフィットして感動。

f0008005_13123828.jpgこのR2-D2、機体と並べて飾るだけでなく、X-WINGに搭載もできる。
それも着脱自由。
バンダイさん、気合い入れすぎでしょ。(^ω^)
R5-D4も付属してるし、気分で差し替えるのもいいな。

f0008005_13123496.jpgパイロットも気合い入れて作った。
組み立てこそないものの、こちらは要塗装ということで、ひさびさに塗料を買ってきて、ペタペタ塗ったのだ。
もちろん?デカールもあり、バイザー、ヘルメット中央のライン、解放軍マークを貼り付けた。
(マクロ撮影して気づいたけど、マークは浮いてるな。粘着力優先でマークはシールタイプを使用したけど、曲面へのフィットを考えると水転写式が有利だったか。)

ちょうどクローズアップレンズを手に入れたので、マクロ撮影してみたのだが、色々アラが見えるな。(;^ω^)
肉眼じゃ完璧!とか思ったけど、綿棒の毛?やデカールの浮き/ズレがこんなにあるとは…。orz
それが肉眼じゃ見えないセカイを見るマクロの魅力なんだろうけどね。
by maoh147 | 2015-04-05 13:12 | 雑記 | Comments(0)


<< クローズアップフィルター 桜見物 at 名城公園 >>