人気ブログランキング |

AVアンプ-YAMAHA RX-V775-

f0008005_1529297.jpg相変わらずリニューアル祭り(笑)開催中。
今回はピュアオーディオ用とAV用のアンプを更新して、YAMAHAのAVアンプ「RX-V775」に統合した。

リニューアルの主な理由はピュアオーディオ用アンプの「iPod/iPhoneとの親和性向上」。
今まではDENONのPMA-390Ⅳと第五世代iPodを組み合わせてたのだが、アンプとiPodを別々に操作したり、リモート操作できなかったりで使い勝手が良くなかったのだ。
※アンプの操作(電源ON/OFF、音量調整、スリープ設定など)、iPodの操作(選曲、スリープ設定)を本体で操作。それをほぼ毎日なので、意外とストレスになる。

主目的の達成だけならピュアオーディオ用アンプだけ替えればよいのだが、レコード、カセットはおろかCDすらピュアオーディオ系で再生していないのでもったいない気がしてきた。
そこでAV用アンプも更新して統合することにしたのだ。




AVアンプでピュアオーディ系アンプを代替って話題はずいぶん前からあるが、イマイチ評判が良くない。
なので、最後まで迷ったが、最新世代のAVアンプはオーディオ系再生に力を入れてること、雑誌(家電批評2013年11月号)で「スマートオーディオ」としてAVアンプによるオーディオ再生を提案してることなどから、AVアンプでの一本化に踏に切った。

結論としてはgood。
主目的のiPodとの親和性はもちろん、音質面も問題なし。いや音質面では逆によくなった。
主観というか好みの部分はあるが、フルデジタル接続とYAMAHAの味付け?のせいか、全体にクリアになり、かつ、ボーカルがクッキリしたのだ。

操作性では専用アプリによるスマホのリモコン化が効いてる。表示やレイアウトの自由度が高く、表示がわかりやすい。さらにカスタマイズで不要な機能は非表示にしたり、名称をわかりやすくするなどできるから。
もっとも物理キーがないので手探りで操作するのは辛い。ま、音量や再生/停止、チャンネル操作程度なら専用リモコンや学習リモコンでカバーできるからOK。
(専用リモコンはまだしも、フロントパネルの操作性は最悪。使う必要がない?ので気にしないでおく。)


機能とかについて感じてることはあるけど、もう少し触ってから書いてみる。
なんにしろリニューアルとはいえ、新しいことがいっぱいあるので、満足度たかし!(^ω^)
by maoh147 | 2013-11-04 14:58 | 気になるアイテム | Comments(0)